FC2ブログ

プロフィール

Twitter

monk4mossadをフォローしましょう

カテゴリー

カレンダー(月別)

02 ≪│2019/03│≫ 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

お気に入り

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサードリンク

Information

訪問を歓迎します!

小説は下記の専用サイトで連載しています。
http://princekaeru.blog122.fc2.com/

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:英会話
脳を英語モードに切り替える!!

前回、リスニング・スキルの身につけ方をお話しました。
今回は、ことばを理解する、考える、話すことについてお話します。

誰でも初期のころは、普通英語を聴いたら、まずその意味を考えます。その英語の意味を日本語に訳します。そして理解して、日本語で考えて、日本語で、まず回答を作り、それを英訳して、言葉を話します。

この思考回路だと、もう次の会話に移って話題が変わってしまいます。アウトプットまでに時間がかかってしまいます。会話の流れに乗れません。また、完璧な英文を作ろうとして、逆に話せなくなってしまいます。日本語に忠実に英訳しようとするので、語彙が見つからず、時間がかかります。

実は、この思考回路は日本の英語教育の失敗原因で、汚点だと思います。なので、当然英語が話せる人が少なくなってしまいます。日本人は、英語の試験はよく出来るが、全く喋れないというのは、これが原因です。

では、上手く喋れるようになるためにはどうすればよいか?

「英語で聴いて、英語で理解して、英語で考えて、英語で答える」ことです。

この英語モードの思考回路を自分の脳に組み込むことです。
つまり、英語を話すときは、日本語モードから英語モードに切り替えるんです。

そう言ったてね、難しいよ。どうすればいいの?とお考えでしょうが、日常生活の中で、この英語モードを組み立てるトレーニングはできるんです。日々の生活の中に暮らしながら、この物は英語でなんと言うのか?また、お友達とお喋りしている時に、これを英語ではどういう風に言うのか?とうことを常に頭の中で同時に考えるんです。そういう習慣を身に着けるんです。そして、覚えたフレーズを使ってみて喋ることを考えたりするんです。その日の解からなかった言葉やフレーズは、そのままにしないで、その日のうちに調べたり復習したりするんです。

スピーキング・スキルで大事なことは、英語でそのまま理解し考えることです。

一方で、英語の文章を作るのが苦手な方は、海外文通をすることをお勧めします。英文を書くということは、英語で話すためのいいトレーニングになります。自分も学生時代は、文通して楽しかったし、英作文も上達しました。最近はメールで簡単にできますし、チャットもできます。機会はいくらでもあります。

文通サイト
http://penpal.e-city.tv/

言葉は生ものです。
言葉は生活の中でしか獲得することは出来ません!!
日本にいる我々は、その状況を擬似的に作ってやるしかないんですね。

今回、発音については、全く触れませんでした。
発音練習については、次回お話したいと思います。



つづく

スポンサーサイト

タグ : 英会話

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 語る恒星日誌 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。