FC2ブログ

プロフィール

Twitter

monk4mossadをフォローしましょう

カテゴリー

カレンダー(月別)

06 ≪│2019/07│≫ 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

お気に入り

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

スポンサードリンク

Information

訪問を歓迎します!

小説は下記の専用サイトで連載しています。
http://princekaeru.blog122.fc2.com/

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:サッカー日本代表


欧州CL:セルティック1-0マンチェスターU
◇F組◇21日◇英国・グラスゴー

「ナカムラ」が世界のスーパースターの仲間入りを果たした。セルティックMF中村俊輔(28)が約28メートルの芸術的なFKを直接ゴールに決めて、強豪マンチェスターUを1-0で撃破。日本人初の欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント進出を決めた。チームも初の1次リーグ突破で、欧州のサッカー界は「ナカムラ・マジック」「ベッカムのよう」と絶賛。中村が一夜にして本場のヒーローになった。

中村の左足が「日本人の壁」も破った。マンチェスターU撃破から一夜明けた22日朝、欧州各紙には「NAKAMURA」の文字が躍った。「ナカムラのKO勝ち」(英サン紙)「ナカムラ・マジック」(伊コリエレ・デロ・スポルト紙)。いつもは母国のスーパースターでにぎわう欧州CLのトップ記事が、日本人に占拠された。

たった1発のFKで中村は歴史を変えた。0-0で迎えた後半36分、ゴールまで28メートルの距離から直接ゴール右上を狙った。2枚の壁の間を抜けたボールは、名手ファンデルサールの左手の先をすり抜けた。プロ通算30点目となる直接FKゴールは、世界の一流選手が集う欧州の強豪マンチェスターUを粉砕。同時に日本人初、クラブ初の決勝トーナメント進出の道を切り開いた。

「まるでマンチェスターUが欧州制覇した時のベッカムのようだ。ナカムラはベッカムと同じ能力を持っている。世界最高峰のFKキッカーなんだ」。ストラカン監督は、98-99シーズン決勝のバイエルン戦で、2本のCKで大逆転劇を演出したスーパースターと中村を並べて評価した。レノン主将も「神から授かった才能を持っている」と絶賛した。

本場のうるさい専門家もうならせた。解説者で元イングランド代表監督のデビッド・プリート氏が言う。「パーフェクトだ。あんなFKを蹴られたら、だれも止めようがない」。ストラカン監督は「これで中村は一生分のお金を稼いだんじゃないか。スポンサーが大挙してくるだろう」と冗談めかした。中村の左足が本場でも「一流プロ」として認知された。

決勝トーナメント進出は日本人の夢でもあった。中村は自分の左足でその目標をクリアするとともに、一気に世界のスター選手の仲間入りをした。欧州で評価されるには、一芸に秀でることが絶対条件。ベッカムのFKしかり、この日対戦したマンチェスターUならC・ロナウドのドリブル、ルーニーの決定力など。そんなスター軍団を脇に置いて、中村が大一番で主役としての強い輝きを放った。

欧州へ移籍後「東洋のバッジオ」「東洋のベッカム」と例えられてきた男は、欧州最高峰の舞台で「ナカムラ」として歴史に名前を残した。どこにも「東洋の-」という表現はなかった。一瞬にして勝負を決める中村のFKは、ストラカン監督の言葉を借りるなら「本家」ベッカムを超えた。欧州に中村の時代がやってくる。


日刊スポーツ


俊輔「もっと上に行きたい」/欧州CL

セルティックMF中村俊輔(28)が、日本人初の欧州CL決勝トーナメント進出を新たなサッカー人生のスタートにする。快挙の試合後に「もっと上にいきたい」と話した。欧州CL出場を目指して05年7月にレジーナからセルティックへ移籍。1次リーグ敗退に終わった今年のW杯ドイツ大会後に肉体改造を敢行し「世界仕様」の選手として目標を達成したが、その視線はすでに欧州CL制覇、そして10年南アフリカW杯に向けられていた。

中村は快挙に酔いしれることはなかった。いつものように試合後にジムに直行して入念にクールダウンをした。スーツ姿で現れた中村は切り出した。

中村 イングランドはもういい。スペインとか好きなチームとやってみたい。強いところとやりたい。もっと上に行きたい気持ちがある。

ずっと欧州CL出場を夢見てきた。だからイタリアの下位クラブからスコットランドのトップクラブに移籍した。昨季終了後にはスペイン移籍も封印した。すべて夢舞台のため。そこで子供のころからあこがれたマンチェスターUと2度戦い、2戦連続FKを決めた。進化を確信したことで、目標も切り替わった。

試合では今季初めて左サイドで先発した。前半は守備で貢献した。相手の攻撃の核でもあるMFクリスティアーノ・ロナウドの前に立ちはだかった。後半からは本来の右に戻り切れのある攻撃を披露した。そしてあの芸術的FK。微妙な駆け引きを制した。それが成長の証しでもあった。

中村 「おぉ」って思うような距離だった。蹴る前にGKは中央にいた。ファー(ゴール向って左)に蹴ろうと考えた。でもファーを狙うと滞空時間が長い。そこで少し止まった。するとGKがファーに動いた。その瞬間にニア(同右)に蹴った。チームの貢献とかを含めたら、このゴールは(生涯最高の)価値がある。

転機は今年6月のW杯ドイツ大会だった。02年W杯日韓大会は最終選考で落選した。セリエAに挑戦した。しかし、4年間待ち望んだ本番で、体調を崩した。力を出し切れずに1次リーグ敗退。世界で戦う肉体の必要性を痛感した。大会後に肉体改造に着手。攻撃的シュートや、ドリブル突破にも取り組んだ。その成果が今季の活躍に結びついている。

欧州最高峰の舞台で戦える手応えをつかんだ。だからこそ向上意欲に衰えはない。頭の片隅に、10年W杯南アフリカ大会がある。具体的な発言は避けるが、反町コーチの視察も受け意識は高まっている。

中村 勝利の余韻は試合後のジムで終わる。そうでないと痛い目に遭うからね。

いかにも挫折から栄光をつかんだ男らしい言葉。すでに中村の視線は欧州制覇へと向けられていた。


俊輔FK弾効果は45億円

21日マンチェスターU戦で放ったセルティックMF中村俊輔(28)の一撃はクラブに45億円超もの経済効果をもたらした-と23日付の英タイムス紙が報じた。1ページを使い中村を紹介。今回の16強入りでクラブの得た収入は入場料、放映権、賞金などで1600万ポンド(約36億5000万円)、さらにクラブの株価は12・4%も急騰し400万ポンド(約9億1200万円)、とはじいた。つまり合算すると2000万ポンド(約45億6000万円)の経済効果をクラブにもたらした、と紹介している。また、クラブの評価額も2400万ポンド(約54億7000万円)から2800万ポンド(63億9000万円)へアップ。セルティックの役員にとって、中村はかわいくて仕方がないだろう。


日刊スポーツ


スポンサーサイト
Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する


copyright © 語る恒星日誌 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。