プロフィール

Twitter

monk4mossadをフォローしましょう

カテゴリー

カレンダー(月別)

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

最近のコメント

ブログ内検索

FC2カウンター

お気に入り

ブロとも申請フォーム

RSSフィード

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

現在の閲覧者数

現在の閲覧者数:

Sponsored Link

Information

訪問を歓迎します!

小説は下記の専用サイトで連載しています。
http://princekaeru.blog122.fc2.com/

DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:英会話
脳を英語モードに切り替える!!

前回、リスニング・スキルの身につけ方をお話しました。
今回は、ことばを理解する、考える、話すことについてお話します。

誰でも初期のころは、普通英語を聴いたら、まずその意味を考えます。その英語の意味を日本語に訳します。そして理解して、日本語で考えて、日本語で、まず回答を作り、それを英訳して、言葉を話します。

この思考回路だと、もう次の会話に移って話題が変わってしまいます。アウトプットまでに時間がかかってしまいます。会話の流れに乗れません。また、完璧な英文を作ろうとして、逆に話せなくなってしまいます。日本語に忠実に英訳しようとするので、語彙が見つからず、時間がかかります。

実は、この思考回路は日本の英語教育の失敗原因で、汚点だと思います。なので、当然英語が話せる人が少なくなってしまいます。日本人は、英語の試験はよく出来るが、全く喋れないというのは、これが原因です。

では、上手く喋れるようになるためにはどうすればよいか?

「英語で聴いて、英語で理解して、英語で考えて、英語で答える」ことです。

この英語モードの思考回路を自分の脳に組み込むことです。
つまり、英語を話すときは、日本語モードから英語モードに切り替えるんです。

そう言ったてね、難しいよ。どうすればいいの?とお考えでしょうが、日常生活の中で、この英語モードを組み立てるトレーニングはできるんです。日々の生活の中に暮らしながら、この物は英語でなんと言うのか?また、お友達とお喋りしている時に、これを英語ではどういう風に言うのか?とうことを常に頭の中で同時に考えるんです。そういう習慣を身に着けるんです。そして、覚えたフレーズを使ってみて喋ることを考えたりするんです。その日の解からなかった言葉やフレーズは、そのままにしないで、その日のうちに調べたり復習したりするんです。

スピーキング・スキルで大事なことは、英語でそのまま理解し考えることです。

一方で、英語の文章を作るのが苦手な方は、海外文通をすることをお勧めします。英文を書くということは、英語で話すためのいいトレーニングになります。自分も学生時代は、文通して楽しかったし、英作文も上達しました。最近はメールで簡単にできますし、チャットもできます。機会はいくらでもあります。

文通サイト
http://penpal.e-city.tv/

言葉は生ものです。
言葉は生活の中でしか獲得することは出来ません!!
日本にいる我々は、その状況を擬似的に作ってやるしかないんですね。

今回、発音については、全く触れませんでした。
発音練習については、次回お話したいと思います。



つづく

スポンサーサイト

タグ : 英会話

DATE: CATEGORY:英会話
番外編

発達心理学・脳生理学からの見解による効果的学習法

「言葉は獲得するもの」

有名な話から例に、ヘレン・ケラーはサリバン先生の指導によって、井戸から出る液体に「WATER:水」という名前があることを発見しました。これが言語獲得の決定的瞬間です。

つまり言語獲得のプロセスは、上記のヘレンの場合と全く同じで、言葉は決して教え込むのではなく、自らが獲得していくものであることを明白に示しています。

言語発達のプロセスは、「話す」より「理解」が先。

言葉を話す前に聴いて理解することに時間をかけて習得します。赤ちゃんが言葉を喋り出すときには、お母さんの言葉を聴いて真似します。

「ことば」を聴くとはどういうことか?

まず、「きく」と言う言葉は、「聞く」と「聴く」があります。

「聞く」とは英語で言うHEARに当たります。(受動的)
ex. あの人の噂を聞いた。

「聴く」とは英語で言うLISTEN TOに当たります。(能動的)
ex. 音楽を聴く。

つまり、リスニング・スキルを身に付けるためには、自ら耳を傾けて、能動的に「聴く」姿勢が大事なのです。

次に、「理解する」のプロセスについて説明します。

下記の4つのプロセスがあります。
「検知」→「弁別」→「識別」→「理解」と進みます。
耳は検知器で、理解するのは脳の働きです。


"WATER"⇒「聴く」→「何か聴こえた」→「"WATER"と聴こえた」→「"WATER"水だ」

つまり、言葉は脳で聴くということが言えます。

まとめ

☆言葉を「聴く」ことが「話す」ことの大切なプロセスであるということをお話しました。
☆「聞く」よりも「聴く」姿勢が大事。
☆聴いて「理解」出来るようになることが大事。



つづく

タグ : 英会話

DATE: CATEGORY:英会話
NHKの英会話講座を活用しよう!! その2

リスニング・スキルの身につけ方

格言
「話すことは、聴くことからはじまる」 

まず、これからお話しすることは、英語が苦手な方、これから始める方、一からやり直す方等の初級者向けです。

喋れるようになるためには、まず聴いて理解することが出来なければなりません。逆に聴くことが出来れば、喋れるようになるのです。

リスニング・スキルを身につけるためには、毎日英語を聴くことです。

じゃあ、どんな英語を聴けばいいのか?

簡単な英語の文章をネイティブまたは英語の得意な日本人に読んでもらって、それを録音します。
今は、iPodやMP3プレーヤ、ICレコーダーもあって便利なので利用しましょう。ラジカセでもかまいません。

最初から難しい映画の会話や歌を聴いても効果的な練習にはなりません。(ここでは、聞き取ることが出来た。言ってるとが解かった。と実感して欲しいからです。)

NHKテキストのCD音声教材から抜粋してきて利用するのもひとつです。

最初は全部聴き取れなくても結構です。流し続けて聴いて下さい。次第に英語独特のリズムに耳が慣れてきます。

次に、その聴いている文章の意味を理解しましょう。テキストを活用してもいいです。意味が理解できたら、もう一度聞き直しましょう。もう言ってることが理解できると思います。

そうです。言葉はまず聴いて理解できるようになることが重要なのです。とにかく、日常生活の中でいかに英語に触れるかが上達のカギになります。

つづく

タグ : 英会話

DATE: CATEGORY:英会話
NHKの英会話講座を活用しよう!!

番組が上手く制作されていて、とても効果的に学習することが出来ます。
入門から上級レベルまでバラエティに富んでいて万人が活用することができます。

自分流の学習方法ですが、一例としてお話します。
まず、ボーとでもいいから番組を視聴する。
その時大事なのは、自分のレベルに合った番組を選択するか、興味のある番組を選択する。

それから継続的に視聴する。
もっと深く学習する場合は書店で販売されているテキストを購入する。
テキストで復習して、もう一度視聴してみると理解が深まります。

始めるためには、動機と興味が大切なのは言うまでもありませんが・・・
継続は力なりで、まずは気楽に視聴してみることです。

つづく

タグ : 英会話

DATE: CATEGORY:英会話
結論から言いますと、身近な生活の中で英会話を上達させのが一番です。

誰でも英語が話したいとか、英語が話せるようになりたいとか思いますが、結構お金をかけて勉強してもなかなか身に付かなかったりしませんか?

自分は英語の資格は何もないけど、独学で身に付けました。
はっきり言って、高校、大学のときの英語の成績はよくなかったです。
中学のときは楽しくて好きだったのですが、高校で一気に嫌いになりました。

英語を全く話さない英語教師、文法、構文、リーディング重視の授業は、とても退屈で苦痛でした。
(最近は、カリキュラムや指導法が見直されて改善されているようですが・・・)
そんな、自分が英語に目覚め、どのようにして身に付けたのかを紹介します。

訪問された皆さんからも良いアイデアがありましたら、コメントして下さいね。

タグ : 英会話


copyright © 語る恒星日誌 all rights reserved.
内職☆在宅ワークの最強は?アフィリエイト!. 初心者だってカッコ良いホームページ作るぅ!
Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。